2017年09月07日

秋といえば…

こんにちは、石橋です。

暑さが過ぎ、いよいよ秋が感じられる気候に成ってきましたね!

僕は過ごしやすいこの季節が大好きです。



そして、秋といえば…読書の秋、食欲の秋、運動の秋と

色々なことをするのに適した季節ですよね。

石橋は本を読むのが好きなので、秋はもっぱら『読書の秋』

マンガも文庫もハードカバーもいろいろ読みたくなっちゃいます!

そんな本好きにうれしいのが書斎コーナーです。

書斎コーナー

ただ僕の場合は本が多いので、今は市販のカラーボックスに

前後1列ずつ並べてしまっています。

そうすると、後ろの列の本が見えなくて

何がどこにあるのか分からない!…なんてことも。



でも、掛川店の書斎コーナーはそんな本好きでも安心です!

しまう本のサイズに合わせたオーダーメイドの本棚は、

何がどこに入っているか一目瞭然!とっても綺麗に仕舞えます。

『なにを読もうかなー』と考えるのも楽しくなりますね。

書斎コーナー2

書斎コーナーは読書以外にも宿題や家でのデスクワークにも使えます。

開放的で繋がりある書斎スペースにすることでご飯の時は、

リビングから声をかけることもできます。

家族の気配が分かる書斎スペースなら、お子様も安心して宿題ができそうですね!



掛川店に来た際には、

是非書斎コーナーの椅子に座って使いやすさを体感してみてください。

書斎コーナー3

自分の家を建てる時は本棚をいっぱい作りたい石橋でした。
(写真は笑顔の遠藤店長です。)





posted by 福工房掛川店 at 14:00| Comment(0) | 掛川店のススメ

2017年09月04日

お手入れ楽々♪



こんにちは!ウエムラです晴れ


9月に入ってから、ぐっと涼しくなりましたね!

暑がりな わが家でも、とうとうエアコンを使わなくなりましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


さて本日は、土間や和室の仕切りに使われている

アクリルワーロンの障子戸をご紹介いたします!

!cid_15e59f305684f11092d1.jpg


こちらの障子戸には「アクリルワーロン」と呼ばれる障子風のアクリル板が

使われていますひらめき



障子といえば、破れやすいのが特徴で大掃除の際などに

まとめて張り替えることが多いですよねふらふら

このアクリルワーロンであれば、基本的には割れない程 強いので

小さなお子様が指でつついて穴をあけてしまう心配もございませんるんるん


また、素材がアクリルですので水拭きすることができるのです目

!cid_15e59f32f4e446f6d322.jpg


展示場にお越しの際は、

リビング側から見ても、土間側から見ても綺麗なワクリルワーロンの障子戸にも

ぜひご着目下さいねexclamation

!cid_15e59f33989a8b581333.jpg




posted by 福工房掛川店 at 11:08| Comment(0) | 掛川店のススメ

2017年09月01日

涼しくなってきました

こんにちは、星沢ですわーい(嬉しい顔)

9月に入りましたね。

9月には、季節の変わり目を意味する五節句のひとつ

『重陽(ちょうよう)の節句』があります目

(ちなみに9月9日です。)


奇数は縁起の良い陽数と考えられ、一番大きな陽数(9)が重なる日を

「陽が重なる」という意味で重陽の節句と呼ぶようになったのだとかひらめき


季節の変わり目…確かに、朝晩は涼しくなってきました。

寒がりの星沢には少し肌寒く、カーディガンを羽織っていますかわいい


そんな時期に困ってしまうのが 着るもの ですよねブティック


出かけようといざ外に出てみたら、意外と寒くて上着を取りに…

というシチュエーションよくあるかと思います。


CIMG4456.JPG
(上着何着て行こうか…迷いますね)

そんな時に便利なのが土間の近くにあるクローゼットグッド(上向き矢印)

その時期に着るものをかけておけば、わざわざ2階まで取りに行かなくても良いのです。

朝の1分、2分も無駄にしたくないときにとっても嬉しいですねぴかぴか(新しい)


CIMG4458.JPG
(上着をすぐ取れて便利です)

家族分のそのシーズン上着を収納、

さらに可動棚を取り付ければカバンや帽子もしまえますよるんるん

ぜひ動線もイメージしながら、展示場を歩いてみてくださいねexclamation







posted by 福工房掛川店 at 11:43| Comment(0) | 掛川店のススメ

2017年08月29日

広くて開放的!

こんにちは、石橋です。

処暑も過ぎて夏の暑さも和らぐかと思いきや、

まだまだ暑い日が続きますね。

涼しい秋が恋しいです。



今日はmH房の広がりあるお家づくりに更に開放感をプラスする

『吹抜け』をご紹介します。


mH房のお家では星沢さんのブログでもご紹介したとおり

土間とリビングを繋げて広がりや開放感を高めています。

土間とリビングが繋がっていると見える距離が伸びてより広く感じますよね。


吹抜けはさらに高さを出すことで平面だけの繋がりではなく

上下階の繋がりが生まれて開放感抜群です!!

2階からの光も取り入れられるためより明るく

室内が華やかに演出されます。

2階にいるご家族様に『ご飯だよー』という声掛けもできますね!

掛川吹抜け2

また、吹抜けには空気を循環させる効果もあります。

暖かい空気は上に上る性質があるので家の中でも自然と空気が動きます。

暖かい空気が上に行ったままだと夏場では2階が暑く、

冬場では1階が寒くなってしまいますよね。

そこで、シーリングファンを回すと空気を下に下せるので

お部屋全体の室温が調整できます。

吹抜け1

機能も開放感もバツグンの吹抜け

是非掛川店で体感してみてください!







posted by 福工房掛川店 at 11:00| Comment(0) | 展示場のすべて。

2017年08月26日

地元で宿泊




こんにちは!ウエムラです晴れ


8月も下旬になり秋に近づいたと思いきや、厚さが逆戻りしましたねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

そんな天気の中、お休みを利用して地元の下田へ行ってきましたダッシュ(走り出すさま)


今回はただの帰省ではなく、知人が下田に泊りで来るとのことで

地元民ですが宿泊施設に泊り、観光地を満喫してきましたぴかぴか(新しい)



下田に着いた日は、まどが浜海浜公園で朝日をみて

!cid_15e1253c45f985b73261.jpg


まだ時間があったのでペリーロードをお散歩しました足

!cid_15e1253df675645ff2d2.jpg

朝早かったので誰もいない静かなペリーロードで、

澄んだ川にはボラや沢蟹がいて、下田らしさを感じましたひらめき


お散歩の後は入田浜リゾートへ行き

太陽を浴びながらひとしきり遊んだあとは観音温泉へ。

地元では有名な温泉ですが、行くのは初めてでワクワクしました!

!cid_15e12541744d92eaf293.jpg

ちょっとぬめりのあるお湯でお肌もスベスベになりましたるんるん


次の日は、また朝早くに起きて海へお散歩に・・・足

!cid_15e125443894c8575264.jpg

2日目は良いお天気で、潮風の冷たさと温かいお日様が心地よかったです。


このお休みは、1日の中で海・温泉・観光地と沢山の場所を巡って

いつもとは違った下田を見ることができとても充実したお休みになりましたわーい(嬉しい顔)ひらめき

下田には民宿からホテルまで沢山の宿があるので

また泊りに行きたいと思います!


posted by 福工房掛川店 at 13:55| Comment(0) | 最近の出来事。

2017年08月23日

どどどど

こんにちは、星沢ですわーい(嬉しい顔)

夏が終わったかのような涼しい日が続いていますね。


天気予報では、これから暑さが戻ってくるとのことでしたので

油断しないで過ごしていきたいと思います手(グー)


タイトルの『どどどど』は、皆様ご存じmH房のCMの冒頭です家

ということで、mH房の特徴の一つでもある【土間】のお話を。


玄関からホール・廊下を経てお部屋へ行くつくりが多いかと思いますが

mH房ではホール・廊下を一つの空間にすることによって

玄関を広く【土間】という形でご提案しています。

そうすると、

雨の日は自転車を入れたり…

IMG_3478.JPG
(こちらは藤枝展示場の土間)

外で使うものをしまう土間収納にしたり…

111216_fukukoubou_034.JPG
(こちらは静岡展示場の土間)

と、玄関(出入口)だけでない、多目的な使い方ができるのですぴかぴか(新しい)


ただ、せっかく広く空間があっても

土間とリビングのつながりが少ないともったいないですよねふらふら


CIMG4413.JPG

こちらは一般的なお家の玄関とリビングのつながりを再現してみました目

戸1枚分の開口になるので、土間とリビングのつながりが少なくなってしまいます。


CIMG4418.JPG

こちらは掛川展示場の土間とリビングの戸を全部開けてみたところ。

戸3枚分が引き込み戸でオープンになるようになっているので

広い土間とリビングがつながり、より開放的になります。

風通しもバツグンですねグッド(上向き矢印)


暮らしのシーンに合わせて仕切ることのできる引き戸なので

急な来客など、土間とリビングをサッと区切ることができますひらめき


『広く・開放的に見せる工夫』も、お家づくりには大切なことなのです。

百聞は一見にしかずexclamation

実際に展示場の引き戸を使って違いを試してみてくださいねかわいい







posted by 福工房掛川店 at 10:22| Comment(0) | 展示場のすべて。